毛穴に詰まった角栓も洗顔で綺麗に落とす|肌を綺麗に保つ方法

女性

メイク落とし選びも大切

泡を持つ女性

方法で洗浄力や負担が違う

メイクを落とすために使用するクレンジングですが、オイル・リキッド・シート・ジェル・クリーム・ミルク・リムーバーなど種類が豊富です。それぞれ特徴があり、成分・洗浄力・肌への負担具合が異なります。メイクは残っていると、くすみなどの原因になるのでしっかり落とすことが大切です。そこで重視したいのは洗浄力ですが、洗浄力が最も高いのはオイルです。次にリキッド・ジェル・クリームと並びますが、どれもある程度の固まり感がある質感なので比較的に洗浄力が高いことが何となく分かると思います。しかしこれらは肌への負担もかかるので、落ちにくいウォータプルーフなどを落とす時に使用すると良いです。洗浄力も負担も中間くらいなのはジェルとクリームで、ウォータプルーフでない場合のクレンジングはジェルやクリームにすると負担がかからずちゃんと落とすことができます。

濃さや肌質で方法を選ぶ

クレンジング方法は、肌質で選ぶこともできます。乾燥肌や敏感肌の場合は合う合わないがハッキリしてきますが、オイリー肌の場合はどのクレンジング方法でも大丈夫とされています。乾燥肌の場合は、ツッパリ感が起こりにくいオイル・クリーム・ミルクタイプがオススメです。洗浄力ではオイルがトップですが、水分量でみるとクリームやミルクの方が優れています。ウォータプルーフなど崩れないようにしたメイクの場合はオイルを使用し、ファンデーションにアイライナーなどのメイクの場合はクリームやミルクを使うと良いです。薄いメイクの場合は、石鹸だけでも落とせることもあります。石鹸は洗浄力は低いとされますがその分負担も低いので、薄いメイクの時はオイルもクリームも使用せず石鹸だけで落とすと良いと思います。